財産放棄・相続放棄を考えているなら遺品整理を始めない

身内が亡くなられたときに、財産がプラスではなく、マイナスであった場合は相続放棄という選択肢があります。財産を放棄することで「負の遺産」を引き継ぐことを避けられるのですが、財産を相続することを放棄するにあたり、遺品整理をしてしまうと、相続放棄できなくなってしまうので覚えておきましょう。

財産を放棄することと遺品整理にはどんな関係があるのか

財産は、常にプラスではありません。亡くなられた方が借金をしていた場合は、当然ながら財産はマイナスになります。このマイナスの財産を相続してしまうと借金を返済しなければならないため、多くの人が相続放棄を考えます。ただし、財産を放棄するということは単純なことではありません。遺品整理を進めるにしても、財産を放棄する人がこれに関わってしまうと財産を放棄できなくなってしまう可能性があります。

財産を放棄する場合は遺品整理を始めない

故人に借金があることがわかっていて相続放棄を考えているなら、故人の遺品に手をつけてはいけません。相続放棄を考えているなら知っておかなければならないポイントをここでご紹介します。

遺品整理に着手すると相続を認めたことになる

相続放棄を申請している間に遺品整理を始めてしまうと、相続を認めたことになってしまうため、申請中であっても相続を放棄することは不可能になります。相続放棄と遺品整理には複雑な決まり事があるため、相続放棄を考える際は、弁護士に相談することを強くおすすめします。

経済的な価値がなければ受け取れる

相続放棄の申請中でも、経済的な価値が認められないような物品であれば、遺品として受け取ることが可能です。経済的な価値が認められないような物品には、たとえば、写真などの思い出の品が該当します。ただ、形見として受け取る物品は、少しでも経済的な価値があると相続を認めたことになってしまう可能性があるので、慎重に検討しましょう。

財産の放棄を望む場合でも遺品整理しなければならないこともある

相続放棄を望む場合でも、遺品整理をしなければならないことがあります。たとえば、故人が孤独死した場合は、速やかに対応する必要があるため、相続財産管理人を任命したうえで、特殊清掃業者などに依頼して、遺品整理を含む現場の原状復帰につとめます。

まとめ

故人の財産を放棄することを望むのであれば、特殊なケースを除き、遺品整理に手をつけてはいけません。遺品整理をしてしまうと相続を認めたことになってしまう可能性が高いので、相続放棄を検討している場合は、弁護士に相談しましょう。

遺品整理士の仕事の役割

について記載しおりますのでコチラも合わせお読みくださいませ!

遺品整理のプロにお任せ下さい

遺品整理でお悩みの方。

お一人で悩むより、当社のようなプロの遺品整理士にお任せいただいた方が間違いは起こりません。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り

秘密厳守年中無休即日対応

広島県の遺品整理はお任せください。
広島県外(中国地方)の方もお気軽にどうぞ。

年中無休8:00~20:00

0120-946-030

メールは24時間受付中!

お見積りフォーム

PayPay キャッシュレス決済可能
クレジットカードのアイコンご予約の際におっしゃって頂ければ、各種クレジットカードでのお支払いも可能です

遺品整理サービス一覧

遺品整理えびすサポートは、遺品整理のスペシャリスト集団です。

遺品整理に関わる、クリーニングや不動産整理などの作業も幅広くサポートしております。