遺品整理と女性スタッフ・きめ細やかな対応と作業でニーズが増加

遺品整理では、遺品を分類するだけではなく、運搬したり、処分したりする必要があるため、遺品整理の現場には男性スタッフが多いようなイメージを持たれる方が多いようです。しかし、遺品整理の現場では女性スタッフも働いています。少子高齢化社会の進行により、ニーズが増えている遺品整理業者。作業を依頼する際に女性スタッフをリクエストするご遺族が増えており、そのニーズを満たすため、女性スタッフを雇用する遺品整理業者も増えているようです。この記事では、遺品整理の現場で女性スタッフが求められている理由について解説しています。業者に依頼して遺品整理を進めたいとお考えのご遺族の方は、ぜひ参考にしてください。

遺品整理業者について

遺品整理を仕事として行う業者は、古くは1990年代から存在していたようですが、日本社会の少子高齢化によりニーズが増えてきた2010年代に入ってから、数多く誕生しました。その点からは、遺品整理業は比較的新しい業種だといえます。国家資格が必要ないこともこの業界への参入が増えた理由だといえるかもしれませんが、業界では「遺品整理士」という民間資格を用意し、業界の信頼性向上を図っています。

とはいえ、遺品整理を業者がサポートして行う場合、遺品を買い取ったり、不要・不用な物品を運搬・処分したりする必要があります。そのため、現在、遺品整理を行っている業者は、廃棄物処理業やハウスクリーニング業、リサイクルショップを以前から経営しており、必要な許可をすでに取得していて、その優位性を生かして業界に参入したケースが多いようです。

日本の家族の形は変化しています。少子高齢化による核家族化、そして親子が離れた場所に暮らすことが多く、「遠方だから」「忙しいから」、そして「高齢のため自力で遺品整理をすることが難しいから」という理由で遺品整理を依頼する方が増えています。

遺品整理の現場に女性スタッフが増えている

冒頭で触れたとおり、遺品整理の現場では物を運搬したり、処分したりする作業があるため、この業界自体、「男性の世界」というイメージがある業界です。もちろん、遺品整理に関わる作業の中には「特殊清掃」なども含まれますし、そもそも廃棄物処理業を営んでいた業者が多いことから考えても、それは否定できません。しかし、実は現在、遺品整理の現場では女性スタッフが大活躍しています。なぜ、遺品整理の現場で女性が求められているのでしょうか?

遺品整理業界で女性スタッフのニーズが増えている理由

「男女雇用機会均等法」や「女性の活躍推進法」などにより、かつては「男性の職場」というイメージがあった業界でも女性の姿を見かけるようになりました。JRや私鉄各社の乗務員に女性の姿を多く見かけるようになったのはその好例です。

遺品整理の現場に女性の進出が進んでいるのは、ただ女性の社会進出が推進されていることだけが理由ではありません。遺品整理の現場では、女性が求められているのです。女性が求められている理由として、以下のようなものが挙げられます。

故人が女性

故人が女性のために、遺品を男性スタッフに扱われたくないと考えるご遺族は多くいらっしゃいます。家具ならそれほど抵抗はないかもしれませんが、下着や洋服、アクセサリーや化粧品などの身につけていた物に関しては、男性スタッフに触れられるのは抵抗がある、と考えるご遺族がいても不思議なことではありません。

女性ならではの知識

遺品整理の際、男性スタッフよりも女性スタッフのほうが優れていることとして、洋服やアクセサリー、化粧品などに詳しいことが挙げられます。男性のご遺族では価値の判別が難しい女性特有の遺品はたくさんありますが、女性スタッフがいれば、それも容易になるでしょう。

女性は家事のノウハウが豊富

最近は専業主夫も増えているので「女性は家事のノウハウが豊富」と一概に言えるわけではありません。しかし、一般的な認識として、片付けのノウハウを豊富に持っているのは主婦、つまり女性です。故人が女性であれば、女性の目線で遺品整理を行えますし、部屋の片付けも家事のノウハウをフルに生かして行えるでしょう。

女性は人当たりがよい

「女性は人当たりがよい」

これもあくまで一般論ですが、遺品整理の現場ではとても重要です。女性特有の雰囲気や人当たりのやわらかさ、やさしさは、ご遺族と接する際にとても重要です。遺品整理の現場では、まだ悲しみに暮れ、心の整理がつかないご遺族とも接しなければなりません。そんなとき、男性スタッフよりも女性スタッフのほうがコミュニケーションをとりやすいのです。ご遺族に近づき、寄り添いやすいという点で、女性スタッフの存在は遺品整理の現場に欠かせません。

女性ならではのていねいな仕事

女性はやはり全般的に男性よりも繊細なので、仕事もていねいです。男性スタッフが雑な仕事をするということではもちろんありませんが、できるだけていねいな作業を望む場合は、女性スタッフをリクエストするとよいでしょう。

女性同士なら話をしながら遺品整理を進めやすい

女性のご遺族の中には、故人のことや故人の思い出を語り合いながら遺品を整理したいという方もいらっしゃいます。女性スタッフなら女性同士、ご遺族の気持ちを思い、話をしながら遺品整理を進められるでしょう。

力仕事もある遺品整理は男性・女性スタッフのチーム構成で

ご紹介したように、遺品整理の現場に女性スタッフが求められている理由はたくさんあります。しかし、実際の遺品整理では、女性に向かない作業もたくさんあります。

タンスや冷蔵庫などを運び出すのは、当然ながら男性に向く仕事です。体の小さな女性スタッフではケガをしてしまうかもしれません。

遺品整理をスムーズに進めるためには、男性と女性スタッフでチームを編成するのが理想的です。女性スタッフが増えてきたとはいえ、女性スタッフだけで作業を行うことには短所があることも事実です。

女性スタッフは、ご遺族へのやわらかい接し方、そしてきめの細かい作業などにおいて男性スタッフよりも優れていますが、作業に時間がかかりがちになるという短所もあります。

男性スタッフと女性スタッフ、それぞれの適正を考えて適材適所で配置することで、遺品整理を理想の形で進められるでしょう。

遺品整理は気持ちを大切にする業者に依頼

遺品整理とは、文字どおり、遺品を整理することです。しかし、実際の遺品整理は、「ご遺族が気持ちを整理する」ために行います。遺品整理の最中にはなかなかわからないことかもしれませんが、すべての整理が終わってみると、このことをひしひしと感じるはずです。

そんな遺品整理ですから、ご遺族や故人の気持ちを考えながらていねいに作業できる女性スタッフが求められているのですが、結局、遺品整理業者に必要とされているのは「配慮」なのです。

遺品整理業者広島えびすサポートでは、故人、そしてご遺族の気持ちに寄り添い、遺品整理の作業にとりかかる前にお焚き上げを行っています。女性スタッフもおりますので、広島県内や中国地方で遺品整理をお考えの方は、ぜひご相談ください。

まとめ

遺品整理の現場で女性スタッフが求められている理由を中心に、遺品整理業者には故人やご遺族に寄り添う「気持ち」が大切なことを説明しました。遺品整理をお考えの方の参考になれば幸いです。

合わせ遺品整理の際の個人情報の処理ついて記載しておりますのでご覧くださいませ。

遺品整理・個人情報の処理で注意すべきことと処理方法について

遺品整理のプロにお任せ下さい

遺品整理でお悩みの方。

お一人で悩むより、当社のようなプロの遺品整理士にお任せいただいた方が間違いは起こりません。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り

秘密厳守年中無休即日対応

広島県の遺品整理はお任せください。
広島県外(中国地方)の方もお気軽にどうぞ。

年中無休8:00~20:00

0120-946-030

メールは24時間受付中!

お見積りフォーム

PayPay キャッシュレス決済可能
クレジットカードのアイコンご予約の際におっしゃって頂ければ、各種クレジットカードでのお支払いも可能です

遺品整理サービス一覧

遺品整理えびすサポートは、遺品整理のスペシャリスト集団です。

遺品整理に関わる、クリーニングや不動産整理などの作業も幅広くサポートしております。